2021年3月3日

江苏夜网

は誰もいなかった。西野とシュウジュアンしばらく回って、白石舞も見つかりません

でした。タクシーのはずです。

西野一樹はそこに立っ

て最後を振り返ると、携帯電話を取り出して白石舞に

電話をかけた。南京夜网電話が7、8回鳴ってから接続された。

「ねえ、舞」西野一樹彼は最初に言った、

「どうしたの?」

電話の反対側の声が少し重く聞こえた。

「外は雨が降っています。傘を持って行きたいです。」西野一樹は「今どこにいるの?車があったの?」

電話の向こう側に沈黙があり、白石舞のスニッフィング

の音がした。「うん。」音は明白だった。

「何が悪いの?」西野一樹は何かがおかしいと感じた。

「大丈夫、もうだめだ。車に乗って、すぐに帰ります。」

西野一樹は、自分から何かを隠しているに違いないことを知っていたので、今は車に乗ることはでき

ません。「まだここにいますか?」西野一樹は、今日は目が大きく違うと感じました。変な

「…」「大丈夫…」と言うのに少し時間がかかったと言うと、

西野一樹が彼女を見つけた。

白石舞が一人で角のベンチに腰を下ろし、アームレストに寄りかかった。エッジは、。泣いよう

南京桑拿论坛

西野ツリーと心臓のポンプを、すぐに彼女の髪をなで、かがむ、その後、彼女の頭の中で傘の滞在を走った。

その後、白石麻衣が頭の前部を持ち上げないで、彼は片手でしっかりと彼女を開催しました。ときに

、彼はこれを見た、白石麻衣が無意識のうちに彼の幅広い肩に頭を置く。

「ごめんなさい。」西野一樹は再び、と述べました彼の心の中で「私は何かをしましたか?」と推測しました。

彼は本当に心の中で知りませんでした。しかし、少女の叫びは彼に苦痛を感じさせました。

白石舞は首を横に振った。それは自分の仕事であり、心の中で考えをコントロールすることができなかった。小さな嫉妬が芽生え、そこで育ち、今日西野一樹を去った後、爆発した。

彼女も恥ずかしかった。正直言って、そんな女南京夜网论坛性だと思わせたくない。

西野一樹はこの瞬間傘を持って白石舞の隣のベンチに座っていた。

彼女を握っている手はまだきつく、白石舞も彼女を囲んでいる。彼は

ただ話しませんでした。

彼女の回復を見て、西野とシュウはそっと慰めました。「あなたは私に何でも言うことができます、そして私は聞きます、しかしあなたが言いたくないことがあれば、あなたは私に言う必要はありません、私は尊敬します。あなたの選択。「

西野一樹は非常に啓発

Copyright © All rights reserved. | Newsphere by AF themes.